2016.10.06

【ご案内】シンポジウム「エジプト文化財の保全に向けて」開催のお知らせ

関西大学国際文化財・文化研究センターでは、2016年10月29日(土)に関西大学東京センターにおいて、公開シンポジウム「エジプト文化財の保全に向けて」を開催いたします。


開催概要

❏名 称 : 公開シンポジウム「エジプト文化財の保全に向けて」

❏開催趣旨: 本シンポジウムでは、エジプト・サッカラにおけるこれまでのCHCの研究活動や、エジプトの保存修復責任者による現地の保存修復活動の成果報告、そして日本国内のエジプト文化財についての紹介を行い、エジプト文化財の直面している現状と、これからのエジプト文化財保護に向けての議論を深めていきます。

❏主 催 : 関西大学国際文化財・文化研究センター

❏日 時 : 10月29日(土) 午前10時~午後5時

❏場 所 : 関西大学東京センター

❏参加費 : 無料

❏申 込 :
 必要

申し込み方法等の詳細については以下のURLをご参照下さい。
http://www.kansai-u.ac.jp/chc/image/info/2016symposium.pdf


関西大学国際文化財・文化研究センター
http://www.kansai-u.ac.jp/chc/index.html
2016.09.27

芸工展2016「修復のお仕事展'16 ~伝えるもの・想い~」に参加します

第24回芸工展2016 参加企画
「修復のお仕事展'15~伝えるもの・想い~」


 芸工展とは、東京・谷中地区を活性化させる取り組みのひとつとして平成5年に始まった地域のイベントです。谷中・根津・千駄木・日暮里・上野桜木・池之端界隈で「まちじゅうが展覧会場」と銘打って、地域に暮らす人々が様々な企画展示・イベント等を行います。ガイドマップを片手に谷中界隈を散策しながら、皆さん思い思いに楽しんでおられます。
(芸工展URL:http://www.geikoten.net

 この芸工展では毎年、修復家の仲間たちで「修復のお仕事展 ~伝えるもの・想い~」を企画しています。一般的にはあまり知られていない「修復」の仕事を、知ってもらえればと思い、様々な分野の方々の参加を得て展示を行っています。
 今年のテーマは「しまう」です。JCPは昨年に続き、「文化財分野における人材養成」をテーマにポスター展示を行う予定です。

普段は月に1度しか公開しない旧・平櫛田中邸アトリエを会場としておりますので、この機会に是非お越し下さい。


❏会  期: 2016年10月9日(日)~16日(日)

❏会  場: 旧平櫛田中(ひらくしでんちゅう)邸アトリエ
      (〒110-0002 台東区上野桜木2-20-3)

❏開催時間: 11:00~17:00(最終日は16:00まで)

❏参加者:

   油絵修復 武田恵理・中右恵理子

   建造物保存活用 もば建築文化研究所 梅田太一・中村文美

   紙本・写真修復 白岩修復工房 白岩洋子

   染織品修復 山崎真紀子

   地域文化財保存修復の支援 ㈱文化財マネージメント 宮本晶朗

   長期保存容器の製造販売 ㈱資料保存器材

   展示企画・陶磁器の調査研究  ㈱森企画 森由美・松田佳代

   陶磁器修復 陶磁器修復たま工房 北野珠子・鈴木りん

   東洋書画修復 伝世舎 三浦功美子・嶋根隆一

   文化財保存支援 NPO法人 文化財保存支援機構 ←参加します!

   保存・修復品製造販売(文化財科学) ㈱パレット 長谷川雅啓

   埋蔵文化財公開・活用 東京大学埋蔵文化財調査室 原祐一

   埋蔵文化財修復 武蔵野文化財修復研究所 石原道知

   立体作品・絵画修復 おいかわ美術修復 及川崇・古賀路子


 ※旧平櫛田中邸アトリエ
 日本近代を代表する彫刻家である平櫛田中は、谷中・上野桜木に70年にわたって暮らし、数多くの作品を世に送り出しました。
 上野桜木の平櫛田中アトリエは大正8年、横山大観、下村観山ら日本美術院の画家たちの支援により建てられました。日中安定した光を得るため、北側に天窓を備えた近代的アトリエ建築の先駆けです。
2016.09.27

【ご案内】亘理町立郷土資料館企画展「江戸清吉コレクション~近代文学・美術作品の宝蔵~」

宮城県の亘理町立郷土資料館では、企画展「江戸清吉コレクション~近代文学・美術作品の宝蔵~」を開催中です。

現在、JCPでは江戸家の美術品資料の修理を請け負っています。


“江戸清吉コレクションとは、荒浜村(現在の亘理町荒浜)の豪商であった江戸家の4代江戸清吉氏が収集した資料のことです。収集された資料は、原稿や手紙、絵画など種類が豊富で、明治から昭和にかけて活躍した作家、芸術家、思想家など幅広く集められているのが特徴です。

江戸清吉コレクションは江戸家で大切に保管されていましたが、東日本大震災によって被災し、貴重な資料も大きな被害を受けました。資料は文化財レスキュー活動によって救出され、現在は郷土資料館で保管しています。

郷土資料館では、資料の整理を進め何点かの作品には修復作業を施しました。また、大学、研究機関と連携し、研究活動も続けています。

震災から5年が経過し、資料の概要も徐々に明らかになり、整理作業もひと段落したことから、コレクションの中でも特に貴重な資料を公開いたします。 この機会にぜひお越しください。”



❏会  場 : 亘理町立郷土資料館 企画展示室(悠里館1階) 
        宮城県亘理郡亘理町字西郷140番地

❏展示期間 : 平成28年9月17日(土曜日)から11月27日(日曜日)まで
        休館日(毎週月曜日、毎月最終金曜日)
        ※企画展開催期間中の祝日は開館いたします
        (敬老の日と体育の日は月曜日なので休館)。

詳しい内容は下記URLをご覧ください
http://www.town.watari.miyagi.jp/index.cfm/32,30783,188,html
2016.09.01

【ご案内】日本図書館協会 資料保存委員会主催イベントのお知らせ

❏ 日本図書館協会 資料保存セミナーのお知らせ
 
 テーマ:「写真保存の基礎~どのように残すことがベストなのか?」
 講師:山崎 信氏
    (株式会社フォトクラッシック代表取締役、日本大学芸術学部写真学科非常勤講師)
 日時:2016年9月9日(金) 19:00-20:30
 会場:日本図書館協会 2階研修室
 参加費:無料 事前申し込み不要

 http://www.jla.or.jp/committees/hozon//tabid/121/Default.aspx

❏ 第102回 全国図書館大会 資料保存分科会

 第102回 全国図書館大会が開催されます。第9分科会 資料保存分科会の内容は以下の通りです。

 日時:2016年10月16日(日)13:30~17: 00
 分科会会場:青山学院大学 青山キャンパス 4階
 参加費:3000円(事前申込)
 テーマ:ここからはじまる資料保存 ―未来に残し、伝えるために― 

 基調報告:眞野節雄(東京都立中央図書館資料保全専門員)
   「なぜ残し,どう残すのか―資料保存・修理の基本的な考え方と手法―」
 事例報告:神原陽子(埼玉県立久喜図書館)
   「埼玉県立図書館の資料保存―ゼロからの取組―」
 事例報告:床井啓太郎(一橋大学・一橋大学社会科学古典資料センター)
   「一橋大学における西洋古典資料保存の取組―ただ古いだけではない」
 ワ―クショップ:資料保存委員
   「修復に使う和紙を触ってみよう」

 http://jla-rally.info/tokyo102th/index.php/subcommittee/section09

詳しい内容は下記URLをご確認下さい
日本図書館協会HP http://www.jla.or.jp/
<   前へ
次へ   >