- 過去から未来へ手渡すために -

文化財の保存・修復活動を支援します。

文化財保存支援機構(JCP)は、人類共通の遺産である文化財の保護に寄与するため、
保存修復の専門家が中心となって設立したNPO法人です。
人類にとってかけがえのない遺産を、次世代へ譲り伝えましょう。

被災文化財関連情報 ->

※ 随時、更新しております。

新着情報

一覧 > | RSS >

2018.10.18
NPOJCP本部事務所10/19お休みのお知らせ
2018.10.01
【ご案内】シンポジウム文化財を守り伝える①「文化財の保存と修理」
2018.10.01
【ご案内】岩手県立博物館 県博日曜講座「陸前高田修復関連」
2018.09.12
【ご案内】高知研修ツアー 平成30年度「文化財保存修復を目指す人のための実践コース」
2018.09.07
【ご案内】文化遺産国際協力コンソーシアムからのお知らせ
2018.09.07
【ご案内】茨城史料ネット2018年度(第2回) 夏季集中史料整理のご案内
2018.09.07
【ご案内】特定非営利活動法人 たいとう歴史都市研究会 2018年度上野のお山探訪講座 第2回開催のお知らせ
2018.08.22
【ご案内】三輪嘉六理事長 久留米大学公開講座のお知らせ
2018.08.06
平成30年度「文化財保存と修復を目指す人のための実践コース」〈第1回基礎講座〉:募集締め切りました
2018.08.01
平成30年度「文化財保存と修復を目指す人のための実践コース」
2018.07.09
【ご案内】文化遺産国際協力コンソーシアム第23回研究会のお知らせ
2018.07.04
【ご案内】㈱フレンドトラベル 取扱・企画旅行のご案内
2018.06.25
【ご案内】湘南アール・パレ展
2018.06.25
【ご案内】文化財保存修復研究センター連続公開講座
2018.06.25
【ご案内】建築からまちへ1945-1970
2018.06.14
平成30年度定例総会のお知らせ
2018.06.04
【ご案内】歴史資料継承機構じゃんぴん レスキュー資料の整理
2018.06.04
【ご案内】NPO法人 カビ相談センターからのお知らせ
2018.05.18
【ご案内】㈱フレンドトラベル 取扱・企画旅行のご案内
2018.05.18
【ご案内】平成30年度 収蔵品展「建築からまちへ 1945-1970 戦後の都市へのまなざし」
2018.04.25
【ご案内】文化遺産国際協力コンソーシアムからのお知らせ
2018.04.25
【ご案内】NPO法人 カビ相談センターからのお知らせ
2018.03.12
【ご案内】新潟県立歴史博物館WSー平成29年度大津波プロジェクト第3回ワークショップ開催のお知らせ
2018.02.28
【ご案内】JCP主催「台湾縦断スタディ・ツアー」開催のお知らせ
2018.02.28
3月11日に平成29年度大津波プロジェクト主催支援シンポジウム 「連綿と続く被災文化財再生への歩み-博物館復興をめざして-」を開催します
2018.02.16
【ご案内】第6回東北大学史料館アーカイブズセミナー「学術資産の 利活用とデジタルアーカイブ」開催のお知らせ
2018.02.14
【ご案内】2017年度トルコ調査報告会・第28回トルコ調査研究会のお知らせ
2018.02.14
【ご案内】対談シリーズ「匠と語る日本の未来」第2回開催のお知らせ
2018.01.24
【ご案内】対談シリーズ「匠と語る日本の未来」第1回開催のお知らせ
2018.01.17
【ご案内】亘理町立郷土資料館「文豪たちの筆跡」展のお知らせ
2017.12.26
【ご案内】徳島県立博物館WSー平成29年度大津波プロジェクト第2回ワークショップ開催のお知らせ
2017.12.26
【ご案内】岩手NPO×首都圏企業 東京交流会
2017.12.26
【ご案内】歴史資料継承機構じゃんぴん 立科町土屋家文書保存・調査活動
2017.12.26
【ご案内】講演会「海外における文化遺産保護の発展と教育プログラムーアメリカの事例より」
2017.12.26
【ご案内】奈良・モンゴル国際交流フォーラム「モンゴル国の建築文化遺産の保存・再生にむけて」
2017.11.30
【ご案内】第4回全国史料ネット研究交流集会
2017.11.13
NPO法人たいとう歴史都市研究会主催「谷中・上野のお山探訪シリーズ第2弾」開催のお知らせ
2017.11.13
たいとう歴史都市研究会主催「谷中・上野のお山探訪シリーズ」開催のお知らせ
2017.11.10
【ご案内】「朝日新聞社クラウドファンディング」歴史資料継承機構じゃんぴん
2017.11.10
【ご案内】第10回南伊豆を知ろう会
2017.10.30
【ご案内】国立国会図書館第28回保存フォーラム「図書館資料を守るIPMの実践」
2017.09.12
【ご案内】常総市WSー平成29年度大津波プロジェクト第1回ワークショップ開催のお知らせ
2017.09.06
文化庁HPに文化財分科会企画調査会中間まとめに関するパブリックコメントの募集が出ています。

特定非営利活動法人 文化財保存支援機構 について

過去から未来へ手渡すために…
「護る」・「繋ぐ」・「育む」

私たち文化財保存支援機構は、「文化財」の保存活動を通して「人間にとって大切なもの」「失ってはならない大事なもの」を、未来に伝えていきたいと考えています。
「文化財」とは、人間が地上に生を受けてから連綿と紡ぎ出し、営々と積み上げてきた歴史と文化の証しであり、生活の英知と美意識の結晶に他なりません。国が変わり、言葉が変わり、民族が異なっても、その価値が変わることはないでしょう。
私たちは、これら人類共通の遺産を護り、育み、次世代に伝えていくために組織されたNPO法人です。

「JCPの活動」のご紹介

「文化財保存修復活動」「情報の発信」「人材の育成」それぞれの活動方針と活動内容をご紹介。

  • 「護る」

    ~ 文化財保存修復活動 ~

    「護る」

    当機構が修復事業を依頼された場合、文化財保護の観点に立ち、状況に応じた方法で事業を推進していきます。

    MORE ->

  • 「繋ぐ」

    ~ 情報の発信 ~

    「繋ぐ」

    文化財の保存は、一部の専門家や行政に任せるだけでは先へ進みません。多彩な分野にまたがる専門家をネットワークで繋ぐことにより、横断的、学際的な保存活動を実現していきます。

    MORE ->

  • 「育む」

    ~ 人材の育成 ~

    「育む」

    文化財を将来の世代に受け渡していくためには、これからを担う人材の育成が欠かせません。

    MORE ->