被災文化財の情報を掲載しています。随時更新しておりますので、ご確認ください。

平成28年熊本地震 NPOJCP被災文化財救援募金 ご協力のお願い

平成28年4月14日、熊本県益城町を震源として大規模な地震が発生しました。
その後も九州各地で余震が続き、損壊するなどした国や県、市町村指定、登録の文化財は、
少なくとも361件に上ることが分かっています(5月10日時点、共同通信調べ)。
NPO JCPでは、今回の熊本地震で被災した文化財救援活動の準備を進めています。
調査に伴う旅費や応急処置の資材調達のため、皆さまのお力添えをお願いいたしたく、募金活動を開始する次第です。
何卒ご理解の上、ご支援ご協力をお願い申し上げます。

>  続きを読む

平成28年熊本地震に被災された方 心よりお見舞い申し上げます。

お亡くなりになられた方に、心よりお悔やみ申し上げます。
被災された方々には、厳しい避難生活の中で体調を崩されませんよう、お見舞い申し上げます。
現地在住の会員によると、幹線道路はかなり渋滞しているとのこと。現地入りは暫く控えた方が良さそうですが、現地入りする際は充分情報を集めてください。
九州各地の会員は、まずは身の安全を図り、充分ご注意の上お過ごしください。

また、支援してほしい物資や、文化財被害についての情報があればお寄せ下さい。

熊本地震に関する情報は、NPO法人市民活動センターのHPが随時更新しています。
東日本大震災の時に整理されたボランティアガイドラインなども掲載されています。
→ http://sicnpo.jp/saigai160414/

上記のようなHPを参考に、焦らず情報を集め、行動して下さい。

>  続きを読む

淡路島地震発生における歴史資料ネットワークの対応

淡路島地震発生における歴史資料ネットワークの対応
(以下、歴史資料ネットワークの記事を紹介させて頂きます。)

>  続きを読む

文化財危機管理セミナー「陸前高田学校」無事終了!

平成24年7月29日(月)~8月6日(月)、岩手県陸前高田市立博物館において行われた、文化財危機管理セミナー「陸前高田学校」(「文化財保存修復専門家養成実践セミナーレベルⅡとして)は、無事終了し、受講生もそれぞれの場所へ戻っていきました。
7日間の長丁場でしたが、ひとりの病人もけが人も無く、皆熱心に学び、岩手の夏を満喫させて頂きました。
今回多大なご協力を頂いた陸前高田市立博物館の皆々様、陸前高田市教育委員会、岩手県立博物館、また、講師の皆々様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
セミナーの模様は、日々JCPのブログにアップしています。

どうぞJCPのオフィシャルブログを訪問してみてください。

>  続きを読む

次へ   >