2017.08.08

「文化財保存修復をめざす人のための実践コース」第2回目「考古遺物の修理と仕様設計」コース締め切り間近です

今年度開催予定の下記4コースのうち、第2回目のコース「考古遺物の修理と仕様設計」の申込期限が迫っています。
参加ご希望の方は、お早めにお申し込み下さい。


Ⅰ.基礎概論【12時間】 7月22日(土)、23日(日)
Ⅱ.考古遺物の修理と仕様設計【18時間】 8月26日(土)~28日(月)
Ⅲ.文化財レスキューについて【18時間】  10月7日(土)~9日(月・祝)
Ⅳ.油彩画の修理と仕様設計【12時間】 12月16日(土)、17日(日)

バックグラウンドがなくても、これから専門家を目指そうという方も歓迎です。
真摯に学ぼうという方をお待ちしています。

~プログラム~

場所:東京国立博物館 平成館小講堂

8/26(土)
AM1  「特別講義/埋蔵文化財修理の現状と課題」(1.5時間)

​        建石 徹先生(文化庁文化財部古墳壁画室古墳壁画対策調査官)

AM2  「特別講義/東博における企画競争入札」(1.5時間)
        冨坂 賢先生(東京国立博物館学芸研究部保存修復課 課長)
    
PM   「設計見積り」WS(3時間) 
        石原 道知先生(有限会社 武蔵野文化財修復研究所 代表)

8/27(日)
AM-PM 「考古遺物の分析―分析試料の前処理と調製―」WS

        鈴木 稔先生(帝京大学文化財研究所 教授)

8/28(月)
AM   「縄文土器の梱包、縄文原体の基礎(縄の撚りかた)」WS(3時間)

​        長谷川 福次先生(元渋川市教育委員会)

PM1   「特別講義/考古遺物保存における材料の話」
        澤田 正昭先生(東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター長)

PM2   ディスカッション


考古遺物の修理と仕様設計コースの申し込み締め切りは、
8月11日(金)
です。
まだ間に合いますので、ふるってご応募ください。

詳細は、専用HP
https://npojcp.wixsite.com/seminar
まで
2017.07.27

【ご案内】㈱フレンドトラベル 取扱・企画旅行

㈱フレンドトラベルの旅行案内です

<特別企画>
◎「海を渡った奇跡の屏風絵「豊臣期大坂図屏風」をエッゲンベルグ城(世界遺産)で観る
  ~ウイーン・グラーツの旅6日間~」(11月)

◎「ロシアボルガ河クルーズ12日間」(9月3日出発 申込締切8/4)
  ~モスクワ・キジ島・「黄金の環」・サンクトペテルブル

◎「今世界中が注目するイタリアのテノール歌手アンドレア・ボッチェリのコンサートを
  ヴェローナのアレーナで聴く旅
  ~ヴェローナ・フィレンツエ・ミラノ7日間」(10月5日出発)

「中国西域の旅~敦煌 西安7日間」(9月中旬)

「錦秋の北京の旅4日間」(10月)
 
「上海・桂林・杭州の旅6日間」(10月)

「台湾~台北・台南 の故宮博物院・日月譚 5日間」(11月)

「モンゴル 大草原の旅5日間」(9月)

「黄金のパゴダ ~ミャンマーへの旅6日間」(11月)

「ロシア極東~サハリン鉄道の旅5日間」(9月)

「ヴェローナ夏のオペラ鑑賞の旅6日間」(8月)
          (オペラ祭の最終日は8月27日です)

「スーパースターヴァーゴで航く大阪、横浜発着クルーズ
 8日間~大阪・横浜・清水・鹿児島・上海・大阪~」
 (9・10月 毎週土曜日出発)
 
※日程詳細は下記㈱フレンドトラベルまでお問い合わせ下さい
 JCPのスタディツアーではございません

 
株式会社フレンドトラベル
Tel  : 06-6136-5905
E-mail : friend-travel@ninus.ocn.ne.jp
2017.07.11

「文化財保存修復をめざす人のための実践コース」第1回目「基礎概論」コース締め切り間近です!

今年度開催予定の下記4コースのうち、第1回目のコース「基礎概論」の申込期限が迫っています。参加ご希望の方は、お早めにお申し込み下さい。


Ⅰ.基礎概論【12時間】 7月22日(土)、23日(日)
Ⅱ.考古遺物の修理と仕様設計【18時間】 8月26日(土)~28日(月)
Ⅲ.文化財レスキューについて【18時間】  10月7日(土)~9日(月・祝)
Ⅳ.油彩画の修理と仕様設計【12時間】 12月16日(土)、17日(日)

バックグラウンドがなくても、これから専門家を目指そうという方も歓迎です。
真摯に学ぼうという方をお待ちしています。

~プログラム~

7/22(土)
AM 「特別講義/日本の文化財専門家としての法知識について」(3時間)  
    井上 敏先生(桃山学院大学准教授)

PM1 「基礎材料論/石材と木材」(1.5時間)  
    西浦忠輝先生(NPOJCP副理事長、国士舘大学イラク古代文化研究所共同研究員)

PM2 「環境計測1/温度湿度について」(1.5時間) 
    加藤広樹先生(宮内庁三の丸尚蔵館学芸室研究員)

7/23(日)
AM 「基礎材料論/保存修復の対象となる紙について」(1.5時間)  
    増田勝彦先生(NPOJCP理事、和紙文化研究会副理事長)

AM 「環境計測2/生物生息」(1.5時間) 
    高鳥浩介先生(NPO法人カビ相談センター理事長)

PM 「有機分析と無機分析」(3時間)   
    星恵理子先生(文化財保存学)

基礎概論コースの申し込み締め切りは、
7月14日(金)
です。
まだ間に合いますので、ふるってご応募ください。

詳細は、専用HP
https://npojcp.wixsite.com/seminar
まで
2017.07.10

北海道博物館職員(学芸員・研究職員)の募集について

北海道博物館から、以下のとおり、平成30年4月採用の職員(学芸員・研究職員)募集の案内が届きましたので、お知らせします。


採用予定数
博物館基盤研究 建築史 1名

採用予定年月日
平成30年4月1日

採用予定箇所
北海道博物館(札幌市厚別区厚別町小野幌53番地2)

募集期間
平成29年8月2日(水)【必着】

募集要項、申込書

博物館HPよりダウンロード可能
次へ   >