• 護る

    護る

    文化財保存修復活動

    文化財保護の観点に立ち、状況に応じた方法で事業を推進していきます。

  • 繋ぐ

    繋ぐ

    情報の発信

    一般社会へ情報を普及することで、文化財保存支援活動の裾野を広げ、将来へ繋いでいきます。

  • 育む

    育む

    人材の育成

    文化財を将来の世代に受け渡していくには、これからを担う人材の育成が必要です。

護る文化財保存修復活動

当機構が修復事業を依頼された場合、文化財保護の観点に立ち、状況に応じた方法で事業を推進していきます。

1. 文化財保護修復事業
修復事業を行う場合、中核メンバーの専門家が日本全国から最も条件に合う技術者、工房を選定し、監修まで行います。 これにより、技術的にも経済的にも適切な修復事業を推進します。
2. 保存修復相談
文化財所有者のほとんどは「修復や保存の仕方について、一体どこに相談したらよいか分からない」という悩みを抱えています。 そんな方々へ保存方法をアドバイスしたり、適切な技術者を紹介したりするなど、情報を提供いたします。
3. 保存事業の修理設計
専門家が、適正見積もりや適正仕様の設計をお手伝いします。
4. 文化財のコンディション調査
過剰な予算をかけずに文化財の延命を図るため、文化財の健康診断(調査)を行っております。取り返しがつかなくなる前に、日ごろから文化財の状態をチェックし、必要最小限の処置を行うことが大切です。

台湾鹿港山龍山寺彩色剥落止め指導援助

護る

台湾鹿港山龍山寺彩色剥落止め指導援助

台湾にある鹿港龍山寺の彩色剥落止め事業計画立案支援の ため台湾へ技術者を派遣。(平成14年度4、11月実施)

>  続きを読む

韓国国立中央博物館所蔵大谷探検隊将来壁画修復協力

護る

中央博物館に所属する保存の研修員に対し、日本側が行ってきた壁画の技術を伝達。技術交流を行った。(平成14年7,8,9,11月実施)

>  続きを読む

岐阜県美術館調査

護る

岐阜県美術館の所蔵品コンディション調査

>  続きを読む

次へ   >