2017.02.28

【ご案内】文化遺産国際協力コンソーシアム研究会「世界情勢と文化遺産保護の未来」開催

第20回文化遺産国際協力コンソーシアム研究会「世界情勢と文化遺産保護の未来」が以下の要領で開催されます。

開催趣旨


文化遺産国際協力コンソーシアムでは、年に1回「文化遺産保護の国際動向」をテーマとして、文化遺産保護に関わる最新情報を共有する研究会を開催している。今回は基調講演として国際政治学者の高橋和夫氏を招き、混迷続く世界情勢の理解を深めるとともに、昨今の文化遺産保護をめぐる動向や課題を確認し、平和構築のツールとしての文化遺産国際協力のあり方を考える機会としたい。


開催概要


●名 称:第20回文化遺産国際協力コンソーシアム研究会「世界情勢と文化遺産保護の未来」

●開催趣旨 文化遺産国際協力コンソーシアムでは、年に1回「文化遺産保護の国際動向」をテーマとして、文化遺産保護に関わる最新情報を共有する研究会を開催している。今回は基調講演として国際政治学者の高橋和夫氏を招き、混迷続く世界情勢の理解を深めるとともに、昨今の文化遺産保護をめぐる動向や課題を確認し、平和構築のツールとしての文化遺産国際協力のあり方を考える機会としたい。

●主 催:文化遺産国際協力コンソーシアム

●日 時
:3月24日(金)14:00-17:00(開場 13:30)

●場 所:東京文化財研究所地階セミナー室(東京都台東区上野公園13-43)
     

●参加費:無料

●定 員:110名

●プログラム

    14:00-14:05 開会挨拶

    14:05-14:55 「トランプ新大統領と中東情勢」 高橋 和夫(放送大学教養学部 教授)

    15:05-15:45 「国際協力で必要とされる文化財専門家(コンサルタント、技術者等)の育成」
            矢野 和之(日本イコモス国内委員会 事務局長)

    15:45-16:25 「文化遺産国際協力と社会・経済開発を通じた平和構築(パレスチナヒシャム宮殿事例紹介)」
            折田 朋美(国際協力機構(JICA) 資金協力業務部実施監理第二課 課長)

    16:25-16:55 総合質疑応答  司会:前田 耕作(文化遺産国際協力コンソーシアム 副会長/和光大学 名誉教授)

    16:55-17:00 閉会あいさつ

    17:00-    懇談会(研究者交流会)※事前申込制、定員あり、参加費無料

●申 込
: 申込専用フォームより

●お問合せ先 文化遺産国際協力コンソーシアム事務局
       独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所 所内
       Tel: 03-3823-4841 Fax: 03-3823-4027 E-mail:consortium@tobunken.go.jp

詳しくは以下のURLをご参照下さい。
http://www.jcic-heritage.jp/jcicheritageinformation20170224/
2017.02.28

【ご案内】茨城資料ネット・レスキュー資料の整理ボランティア募集

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんより、ボランティア募集のご案内です。

当会は茨城史料ネットの活動を支援・協力しております。
茨城史料ネットは東日本大震災で被災した歴史資料をはじめとして、
地域で危機に瀕している歴史資料を救い出し、その保全や地域の歴史像構築に努めている団体です。

毎回、当法人からも活動に参加しておりますので、
参加ご希望の方やお問い合わせはじゃんぴんまでお気軽にご連絡ください。

----------------------------------------------------------------
茨城史料ネットホームページ http://ibarakishiryou.web.fc2.com/
----------------------------------------------------------------

❏レスキュー資料の整理

東日本大震災で被災した旧家から救出した資料の一部を、現在、茨城大学水戸
キャンパスに仮保管し、毎週水曜日に整理作業を行っています。
現在は主に、茨城県常陸太田市某家史料の目録作成、大般若経の調書作成・写
真撮影などの作業を実施しております。

3月は順次学校などの春季長期休暇に入りますので、この機会に遠方の大学
の皆様、普段はなかなか活動に参加できない方、高校生の皆さんなどの参加をお
待ちしています。初めての方も歓迎しておりますので、是非とも奮ってご参加く
ださい。

❏実施日
 □3月1日(水)13時~18時

 □3月22日(水)13時~18時

 ※8日(水)・15日(水)・29日(水)はお休みいたします。

❏場所 :茨城大学人文学部C棟205号室

 


❏問合先

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/

バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方
2017.02.28

【ご案内】宮城資料ネット・歴史資料保全のボランティア募集

NPO法人宮城歴史資料保全ネットワークより、ボランティア募集のご案内です。

東日本大震災から6年を迎えようとしておりますが、
被災した歴史資料のクリーニング・整理作業は依然続いております。
少しでも早くご所蔵者にお戻しできるよう、今後とも進めていきたいと思います。

3月の予定は下記の通り実施いたします。
ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、
下記連絡先までお申し込みください。

みなさまのご参加をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------

◆お名前

◆ご所属

◆ご連絡先(ご住所・電話/メール)

◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。

□ 3月1日(水) 10:00~17:00

□ 3月8日(水) 10:00~17:00

□ 3月15日(水)10:00~17:00

□ 3月29日(水)10:00~17:00

※3月22日はお休みです。


◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5階
(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)


◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服を
ご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください。


◆申込・お問い合わせ
天野 022-752-2142(Fax)
office@miyagi-shiryounet.org

‹事務局・連絡先›
NPO法人 宮城歴史資料保全ネットワーク
980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学災害科学国際研究所
人間・社会対応部門 歴史資料保存研究分野気付
TEL/FAX 022-752-2143
E-mail : office@miyagi-shiryounet.org
URL : http://www.miyagi-shiryounet.org
http://www.miyagi-shiryou-net.blogspot.jp (en)
2017.02.21

【ご案内】第12回SPring-8先端利用技術ワークショップ/第4回SPring-8 文化財分析技術ワークショップ

(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)が主催する第12回SPring-8先端利用技術ワークショップ/第4回SPring-8文化財分析技術ワークショップ『SPring-8を使った文化財研究の最前線』についてのご案内です。


開催趣旨
本ワークショップは、大型放射光施設SPring-8を用いた最近の文化財の研究成果について紹介致します。SPring-8を用いた分析技術は、文化財研究の重要な手段となりつつあります。文化財科学あるいはSPring-8放射光の利用に関心をお持ちの方をはじめ、文化財研究の成果に興味をお持ちの方にもご参加いただけます。

開催概要

 ❏名 称:第12回SPring-8先端利用技術ワークショップ/第4回SPring-8
      文化財分析技術ワークショップ
      『SPring-8を使った文化財研究の最前線』

 ❏日 程:2017年3月4日(月)13:00~16:45

 ❏会 場:浜離宮朝日ホール 
      http://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/access/

 ❏言 語:日本語

 ❏申 込:下記申込フォームよりお申し込み下さい。
  http://regist-sv1.spring8.or.jp/SP8bunkazaiWS201703/addrecord.php
  ※申込締め切り:2月24日(金) 12:00
   (ただし、定員になり次第締切とさせていただきます。)

 ❏参加費:無料(資料代も無料)

 ❏定 員:200名

 ❏主な内容
  13:00~13:05 開催挨拶 土肥義治(JASRI)

  13:05~13:20 「文化財研究ツールとしてのSPring-8」八木直人(JASRI)

  13:20~14:10 「非破壊高エネルギー放射光蛍光X線分析による古代ガラスの起源推定
          -サーサーン・ガラス容器を中心として-」 阿部善也(東京理科大学)

  14:10~15:00 「イランにおける鉄製利器出現の謎を追う-高エネルギー放射光を用いた
          バイメタル剣のCT画像撮影の成果から-」 四角隆二(岡山市立オリエント美術館)

  15:20~16:10 「放射光で江戸・明治の匠の製作技術を探る-自在置物・火縄銃・日本
          刀などの鉄文化財のX線CT撮影を通して-」 田中眞奈子(東京藝術大学)

  16:10~16:40 パネルディスカッション「文化財研究がSPring-8に求めるもの」
         中井泉(東京理科大学)
         鈴木謙爾(特殊無機材料研究所)
         谷一尚(山陽学園大学)
         山花京子(東海大学)


 ❏主 催:(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)

 ❏協 賛:SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)文化財研究会

 ❏後 援
:日本文化財科学会

 ❏問合先:(公財)高輝度光科学研究センター (JASRI)
      事務担当:利用推進部普及啓発課      
      TEL:0791-58-2785
      FAX:0791-58-2786

 本シンポジウム詳細は下記URLをご覧ください。
 http://www.spring8.or.jp/ja/science/meetings/2017/170304/
<   前へ
次へ   >