2017.04.04

【ご案内】ICCROMからのお知らせ

ICCROMでは文化財保存に関わる以下の募集を行っています。

詳細については各URLをご参照下さい。

---------------------------------

ICCROM Training Opportunities

■Disaster Risk Management of Cultural Heritage
28 August - 16 September 2017. Kyoto, Kobe and Kumano, Japan
Application deadline: 5 April 2017
http://www.iccrom.org/disaster-risk-management-of-cultural-heritage/

■20th International Course on Stone Conservation – SC17
9 October – 8 December 2017. Mexico City and Chicanná (Campeche), Mexico
Application deadline: 30 April 2017
http://www.iccrom.org/20th-international-course-on-stone-conservation-sc17/

■Wooden architecture conservation and restoration
11–30 September 2017. Kizhi Island and Petrozavodsk, Republic of Karelia, Russian Federation
Application deadline: 10 May 2017
http://www.iccrom.org/wooden-architecture-conservation-and-restoration/

---------------------------------

ICCROM
iccrom@iccrom.org
http://www.iccrom.org
2017.04.04

【ご案内】宮城資料ネット・歴史資料保全のボランティア募集

NPO法人宮城歴史資料保全ネットワークより、ボランティア募集のご案内です。

新年度を迎えました。
季節の変わり目ですので、どうぞお身体にはお気をつけください。

さて、次年度も引き続き被災した歴史資料のクリーニング・整理作業を進めて参
ります。
4月の予定は下記の通り実施いたします。
ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、
下記連絡先までお申し込みください。

みなさまのご参加をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------

◆お名前

◆ご所属

◆ご連絡先
ご住所

電話/メール

◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。

□ 4月5日(水) 10:00~17:00

□ 4月12日(水)10:00~17:00

□ 4月19日(水)10:00~17:00

□ 4月26日(水)10:00~17:00



◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5階
(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)


◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服を
ご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください。


◆申込・お問い合わせ
天野 022-752-2142(Fax)
office@miyagi-shiryounet.org

--
NPO法人 宮城歴史資料保全ネットワーク
980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学災害科学国際研究所
人間・社会対応部門 歴史資料保存研究分野気付
TEL/FAX 022-752-2143
E-mail : office@miyagi-shiryounet.org
URL : http://www.miyagi-shiryounet.org
   http://www.miyagi-shiryou-net.blogspot.jp (en)
2017.03.28

【陸前高田市博を応援★みんなの意見届けよう!】

陸前高田市立博物館&海と貝のミュージアム再興に向けた基本計画へ意見募集がはじまりました(3/29〆切)。新博物館への期待の声をどんどん届けましょう!

ご意見は、陸前高田市のHPから
2017.03.16

【ご案内】フレンドトラベル旅行案内

フレンドトラベル 旅のご案内

◎東西文化の十字路セルビアの首都ベオグラードと
オーストリアの古都グラーツ エッゲンベルグ城に「豊臣期大坂図屏風」を訪ねる旅
(5/22~5/30)
 
今回の旅は、ルカン半島にありますセルビア共和国の首都ベオグラードとかつてのオーストリアハプスブルグ帝国の古都グラーツを訪ねます。
ベオグラードは旧ユーゴスラビアの首都でもありました。バルカン半島は昔からさまざまな民族が住み、それぞれの民族、文化を尊重していました。トルコ支配、ハンガリーオーストリア帝国の統治下の時代も長くその文化の名残はベオグラードの街並み建物から歴史の重みを感じます。まさに文明の十字路です。今回のセルビアでのコースはベオグラード在住、ベオグラード大学で教鞭をとっておられた翻訳家、旧ユーゴスラビア研究者の方に、同行していただく予定となっています。
セルビア正教会の修道院やビサンチン文化やバルカンの近代史の解説をお聞きし、セルビア正教会の礼拝も見学の予定です。
今回の旅のもう一つのハイライトはオーストリアの古都グラーツのエッゲンベルグ城の壁画として奇跡的に保存されている「豊臣期大坂図屏風」の見学です。秀吉が夢見た、大坂城と大坂の街の再現です。
この絵が縁で 大阪城とエッゲンベルグ城は友好城郭提携を締結し、互に城と街の歴史・文化を紹介しあうことを宣言しています。           
芸術の都ウイーンでは世紀末絵画などの美術館巡りやコンサートをお楽しみ下さい。
ぜひこの機会に御家族 お友達をお誘いの上 ご参加下さいますようお願い致します。

・旅行代金  489,000円(別途支払分航空諸費用約32,500円)
・最少催行人員 6名様
・宿泊ホテル 4ツ星~3ツ星クラス(2名様で1室利用)
 ※ 一人部屋使用追加代金 (後日お知らせいたします)
・利用予定航空会社 ルフトハンザドイツ航空(エコノミークラス)東京発着手配可能
・大阪より添乗員同行

☆日程等詳細はフレンドトラベル(06-6136-5905)までお問い合わせ下さい。
(JCPのスタディツアーではございません)



株式会社フレンドトラベル
Tel 06-6136-5905
Fax 06-6136-5906
<   前へ
次へ   >