2018.06.25

【ご案内】湘南アール・パレ展

展覧会のご案内です。

湘南アール・パレ展

文化財保護・修復の現状と重要性を訴えかけることをテーマに
現代アーティストの作品と文化財、保護修復について学ぶ
展示スペースを用意した展覧会です。
また、シンポジウムを催し、東日本大震災後の文化財保護修復の現状や、
その重要性などについての議論を行います。
(主催:アール・パレ実行委員会)

■会期:2018年8月15日(水)~8月19日(日)
■会場:平塚市美術館 市民ギャラリー
2018.06.25

【ご案内】文化財保存修復研究センター連続公開講座

東北芸術工科大学文化財保存修復研究センターの
連続公開講座のお知らせをいただきました。

文化財保存修復研究センター連続公開講座2018年度
■タイトル:正倉院の国産品と輸入品
講師:成瀬正和氏
日時:2018年7月22日(土)14:00~ 
会場:東北芸術工科大学 本館301号室

■タイトル:水損図書資料レスキューのその後
講師:米村祥夫氏
日時:2018年10月12日(金)18:00~ 
会場:東北芸術工科大学 本館301号室

■タイトル:修理で見えた絵画の魅力─鳥獣戯画から若冲まで─
講師:杉山恵助氏・岡岩太郎氏
日時:2018年11月2日(金)18:00~
会場:東北芸術工科大学 本館301号室

入場無料
問い合わせ:東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター
TEL:023-627-2204
2018.06.25

【ご案内】建築からまちへ1945-1970

展覧会のご案内です。

国立近現代建築資料館 平成30年度収蔵品展
建築からまちへ1945-1970 戦後の都市へのまなざし


国立近現代建築資料館が収蔵している坂倉準三、吉阪隆正+U研究室、
大髙正人などの建築資料群から、整理・分析により見えてきた、
これまでの展覧会では十分に紹介できなかった彼らが思い描いた
〈まちアーバニズム〉や〈都市アーバンデザイン〉に関連する資料を展示します。
さらに、修復が完了した池辺陽の「渋谷区復興計画案」の全容も紹介いたします。
(主催:文化庁 協力:公益財団法人東京都公園協会)

■会期:2018年6月9日(土)~9月9日(日)
    10:00~16:30
    会期中無休
■会場:国立近現代建築資料館
(〒113-8553 東京都文京区湯島4-6-15)


詳細は下記を御覧ください
http://nama.bunka.go.jp/kikak/kikak/1805/
2018.06.14

平成30年度定例総会のお知らせ

平成30年6月23日(土)、平成30年度定例総会を行います。
開催概要は下記のとおりです。

■ 日時:平成30年6月23日(土)14:30~16:30
■ 会場:東京国立博物館 黒田記念館 セミナー室
■ 議案:
・平成29年度決算報告/事業報告
・平成30年度予算/事業計画
・平成29年度活動状況報告
・その他
総会では、平成29年度事業決算報告、平成30年度の計画などを報告いたします。
議決権を持つのは維持会員のみですが、登録会員、一般会員、賛助会員、学生会員の方々も
参加して意見を述べることができます。皆様のご参加をお待ちしております。
参加ご希望の方は、下記までメール、ファックス、TELにてご連絡ください。

■申込/問合先:NPO法人 文化財保存支援機構 事務局
  〒110-0008 台東区池之端4-14-8ビューハイツ池之端102号
  TEL:03-3821-3264 FAX:03-3821-3265
  E-mail:jimukyoku@jcpnpo.org
<   前へ
次へ   >