2018.04.25

【ご案内】NPO法人 カビ相談センターからのお知らせ

NPO法人カビ相談センターより
5月の開催行事のお知らせです。


★第44回生活環境とカビ管理対策セミナー★(*申込受付中)


日 時:平成30年5月15日(火)13:30~16:45
会 場:きゅりあん(品川区立総合区民会館)5階第3講習室
参加費: 会員5,000 円、非会員6,000 円(当日受付)
定 員:40名


1.テキストにないカビ標本作りのコツ  (東京都立産業技術研究センター 小沼ルミ)

【内容】
 (1)材料からのカビ分離方法
 (2)胞子が多いカビの標本作り
 (3)スライド培養法によるカビの標本作り

2.ヒトと関わる動物の真菌症 (農業・食品産業技術総合研究機構 花房泰子)

【内容】
 (1)動物真菌症とは何か
 (2)原因真菌同定のポイント
 (3)症例紹介

3.加湿器でレジオネラ! (麻布大学 古畑勝則)

【内容】
 (1)レジオネラ症を知る
 (2)レジオネラ属菌の特性
 (3)加湿器とレジオネラ症
 (4)レジオネラ症の制御

4.綿状のカビ-検査と同定- (カビ相談センター 高鳥浩介)

【内容】
 (1) 綿状のカビの概要
 (2) 検査法
 (3) 同定のポイント 


申込案内および申込フォーム:
 http://www.kabisoudan.com/event/



NPO法人 カビ相談センター
〒145-0067
東京都大田区雪谷大塚町13-1
電話:03-6421-9165
FAX:03-6421-9166
URL:http://www.kabisoudan.com
2018.04.16

【ご案内】当機構 東京事務局スタッフ不在のお知らせ

春暖かな気候となり、皆様いかがお過ごしでしょうか?

この度、「台湾縦断スタディーツアー」開催のため、その間は当機構東京事務局はスタッフ不在となりますので何卒ご了承下さい。

スタディーツアー期間:2018年4月18日(水)~4月21日(土)

業務再開は4月23日からとなりますので、宜しくお願い申し上げます。
2018.03.12

【ご案内】㈱フレンドトラベル 取扱・企画旅行

㈱フレンドトラベル  取扱・企画旅行のご案内です

◆ネパール周遊の旅8日間(3/30・4/30・5/8出発) 
ヒマラヤ絶景とチトワン国立公園サファリ、
日本の和紙よりも歴史が古いネパールの手漉き紙(ロクタ紙)工房見学 

◆中国高句麗遺跡と瀋陽6日間 (4/21出発)
日本古代史とも関わりの深い好太王碑の高句麗遺跡と
清朝のふるさと瀋陽の故宮と北稜を訪ねる

◆エミレーツ航空で行く (4/19〜5/11出発)
アブダビ「ルーヴル美術館」とドバイの休日5日間  

◆カンボジア アンコール遺跡の旅4日間(5/11出発)

◆ゴールデンウィーク 神戸発着 釜山 
プリンセス・クルーズ5日間(5/2出発)

※日程詳細は下記㈱フレンドトラベルまでお問い合わせ下さい
 JCPのスタディツアーではございません

 
株式会社フレンドトラベル
Tel  : 06-6136-5905
E-mail : friend-travel@ninus.ocn.ne.jp
2018.03.12

【ご案内】新潟県立歴史博物館WSー平成29年度大津波プロジェクト第3回ワークショップ開催のお知らせ

平成29年度 大津波プロジェクト第3回ワークショップの開催についてお知らせいたします。

1)開催趣旨
 東日本大震災発災後7年が経過した現在も全国で連綿と続けられていている津波で被災資料再生の状況と、新たな自然災害によって増え続ける被災資料再生の意義について、理を深め、今後も続く被災資料再生に寄与する。

2)開催日時
  平成30年3月16日(金)9時40分~17時00分


3)実施場所
  新潟県立歴史博物館 研修室
 (〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
  TEL:0258-47-6130)

4)開催日程プログラム
  下記をご覧ください。

5)参加費 無料(新潟県立歴史博物館までの交通手段及び昼食はご自身で手配して下さい。)

第3回ワークショッププログラムーーーーーーーーーーー

    9時30分~9時40分 開場・受付

(1) 9時40分~9時50分 開会
       主催者挨拶  プロジェクト会長       髙橋 廣至
       公益財団法人日本博物館協会専務理事     半田 昌之
       共催者挨拶  新潟県立歴史博物館長     矢澤 健一

(2) 9時50分~10時40分  津波で被災した資料の救出と安定化処理
                赤沼 英男(岩手県立博物館)
 
(3) 10時50分~11時20分 津波で被災した木・金属製資料の安定化処理手順(概論)
                目時 和哉 (岩手県立盛岡高等学校/岩手県立博物館研究協力員)

(4) 11時30分~12時   被災した紙を素材とする安定化処理手順(概論)
                浅川 崇典・熊谷 幸奈(陸前高田市立博物館)

          昼食・休憩
 
(5) 13時00分~14時20分 津波で被災した木・金属製資料の安定化処理(ワークショップ)
                目時和哉・荒木 優・熊谷 賢(予定)(陸前高田市立博物館)

(6) 14時35分~16時05分 津波で被災した紙資料の安定化処理
                浅川 崇典・熊谷 幸奈(陸前高田市立博物館)

(7) 16時15分~17時00分 情報交換会・閉会
               神庭 信幸(東京国立博物館名誉館員)


連絡先
公益財団法人日本博物館協会(新妻洋子)
東京都台東区上野公園12-52 黒田記念館別館3F
(〒110-0007) TEL:03- 5832-9108  /  FAX:03-5832- 9109
<   前へ
次へ   >