2017.06.13

「平成29年度 文化財保存修復を目指す人のための実践コース」開催のお知らせ

平成29年度の当機構主催セミナーについて決定致しましたので、お知らせ致します。

これまで本セミナーはレベルⅠ、ⅡにそれぞれABコースを設けた4カ年制のプログラム構成で行ってまいりましたが、昨年度をもって一度終了致しました。
今年度からは、「文化財保存修復を目指す人のための実践コース」として、各テーマに沿った年4コースを設定、新たなプログラムで学びの場を提供できればと思っております。


各コース内容

Ⅰ.基礎概論
・日 程 :7月22日(土)~7月23日(日) 2日コース【12時間】
・カリキュラム:文化財を取り巻く世界情勢 (3時間)
        基礎材料論        (3時間)
        環境計測         (3時間)
        分析法          (3時間)


Ⅱ.考古遺物の修理と仕様設計

・日 程 :8月26日(土)~8月28日(月) 3日コース【18時間】
・カリキュラム:埋蔵文化財修理の現状と課題(1.5時間)
        東博における企画競争入札 (1.5時間)
        材料の話         (1.5時間)
        設計、見積り       (3時間)
        分析ワークショップ    (4.5時間)
        外部見学、ディスカッション(6時間)


Ⅲ.文化財レスキューについて

・日 程 :9月29日(金)~10月1日(日) 3日コース【18時間】
・カリキュラム:第一次レスキュー    (6時間)
        レスキューの実際    (6時間)
        レスキューのマネジメント(3時間)
        ディスカッション    (3時間)


Ⅳ.油彩画の修理と仕様設計
・日 程 :12月16日(土)~12月17日(日) 2日コース【12時間】
・カリキュラム:材料の話       (1.5時間)
        油彩画修理の現状と課題(1.5時間)
        設計、見積り     (3時間)
        修理の実際      (6時間)


・会 場 :東京国立博物館小講堂ほか
・定 員 :各回30名
・参加資格:現役の文化財保存修復専門家
      大学等で文化財コースを履修中、あるいは卒業した者(専門家を目指す者)

詳細は、専用HPから


ご不明点や質問などありましたら、事務局までお問い合わせ下さい。
<   前へ