淡路島地震発生における歴史資料ネットワークの対応

淡路島地震発生における歴史資料ネットワークの対応
(以下、歴史資料ネットワークの記事を紹介させて頂きます。)


4月13日早朝、淡路島にて直下型地震が発生いたしました。被災地の方々に心より御見舞申し上げます。

この地震を受けて、歴史資料ネットワーク事務局(所在:神戸大学)では緊急体制に移行し、対応されております。

史料ネットによる巡回調査が行われた結果、緊急的な史料保全の必要はないとの速報がありました。

■歴史資料ネットワーク公式サイト
http://siryo-net.jp/
*ページ中央部「ブログ」→【速報】淡路島地震に関する現地巡回調査報告

史料ネットでは、引き続き被災地の情報収集を行い、被災地の歴史資料・文化財などの被害状況の様子や、資料の処置方法に関する相談を受け付ける窓口を設けています。
詳しくは以下のサイトにて
■緊急事務局体制に移行します 2013年4月淡路島地震
http://siryo-net.jp/info/201304-emergency-awaji/


淡路島地震に続き、宮城県、三宅島でも強い地震が観測されております。
被災地の一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

お問い合わせフォーム

<   前へ
<   前へ
次へ   >